みんとしょネットワークへの参加

みんとしょ図書館ネットワーク

まちの図書館ネットワークは、静岡県焼津市の駅前通り商店街の空き店舗を活用して開設した「みんなの図書館さんかく」からはじまりました。一箱本棚オーナー制度と呼ばれる仕組みを導入しているのが特徴です。

以下の3つの条件を満たしていれば、ネットワークに参加することができます。

  • 本の貸し出しを行っていること
  • 一箱本棚オーナー制度を導入していること
  • 政治活動、宗教活動、投資、マルチ商法等の勧誘行為を目的としていないこと

みんとしょネットワークの考え方

一箱本棚オーナー制度を活用した私設図書館の立ち上げには、特別な許可やライセンスは必要ありません。

許可やライセンスはありませんが、みんなの図書館さんかくから派生したこの「一箱本棚オーナー制度」の仕組みを導入してくださった皆さんと、私たちはぜひ繋がりを持ちたいと考えています。「こうしたらうまくいった」「こんなことに困っている」「他の図書館ではどうしているんだろう」

運営するなかでうまくいったこと、困っていること、聞いてみたいこと。ネットワークがあれば、みんなで考え、悩みを解決することもできます。個々の取り組みは小さなものかもしれないけれど、ネットワークになれば大きなムーブメントを引き起こすことも可能かもしれません。

みんとしょネットワーク加入でできること

  1. みんとしょ@3×3Labに本棚を持つことができます
  2. 全国みんとしょ館長会議に参加できます
  3. まちめぐり図書印帳に参加できます
  4. みんとしょポータルサイトと全国紹介リーフレットで紹介されます

一箱本棚オーナー制度とは?

一箱本棚オーナー制度は、まちの図書館に自分だけの本棚を持つことができるオーナー制度です。一箱本棚には本棚オーナーが選書した本が置かれ、利用者は自由に借りることができます。本棚オーナーは、月額のオーナー料を支払うことでなることができます。

ネットワークへの参加方法

下記リンク先のフォームから、「みんとしょネットワーク」に関するお問い合わせとしてご連絡ください。みんとしょ開設前の方は下記ページをご覧ください。

参考リンク

図書館はつくれる。空き店舗の新しい使い方、完全民営・黒字経営の「みんなの図書館さんかく」の思想。